産めないから、もらっちゃった!

アクセスカウンタ

zoom RSS はじめまして!

  作成日時 : 2010/02/07 11:01   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

こどもの頃

「赤毛のアン」が 好きでした。

そして 

きらいでした。

好きだったのは

前向きに 真摯に 生きている 強いアン

きらいだったのは

血のつながりのない マリラとマシューに愛され 理解されているアン



自分のことが いちばんに可愛い父親と

世間体が いちばんに優先する二度目の母親に

ほんとの愛情と理解を与えてもらえなかった私。



そんな私が 22年前

特別養子制度のおかげで

「ははおや」 になりました。



私の娘になってくれた ちいさな アン

ちいさなアンの父親になってくれた夫マシュー

2人とも、血のつながりのない、でも心のつながった、かけがえのない家族です。







妻として 母として ひとりの人間として

さまざまに関わってきた 世間の 春風、北風、台風、雷・・・・・

ぼんやり過ごしてきたようで 振り返ると 心にさまざまな想いが淀んでいます。



子育ても 一区切りついて 時間と気持ちに 少し余裕が生まれたので

(正直にいえば暇で・・・・・ これって 空の巣症候群?)

どちらにしても とりあえず 思いつくままに

ひとりで おしゃべりをしてみます。

あ、 お気が向けば どうぞおしゃべりの輪にお入りくださいな。

いつでも 心の窓も扉も 開け放して お待ちしています。 






   * はじめていらした方へ *

ようこそ うさぎのお部屋へ〜

2012年10月に このブログが書籍化されました。

それ以来、新しい方のご訪問が増えています。

もしあなたが、養子縁組に興味があって、あるいは悩んでいらっしゃるなら

いつでもご質問を受け付けています。

ちょっとした疑問でも、お気軽にコメントやメールでお知らせくださいね。

充分な答はできないかも知れませんが、少しはお役にたてるかもしれません。

もちろん、アンへの質問もどんどんお受けします。

「何でもきいてもらって、あたしは平気〜」 と言っております。

個人的なものとはいえ、成人した養子の意見は、かなり希少価値があるかも?

(ご質問によっては、お答えしかねるかも、と母は考えますけどね・・・

あまりに逸脱したコメントは、母の一存で削除させていただくかも知れません。)


書籍は、編集者さんに枝葉を落としてすっきり整えていただいたので

それに比べると、このブログは冗長で読み飽きるかもしれませんが、

こちらが等身大のメイプル家。

どうぞ 気楽に気長におつきあいくださいませ。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うさぎママに初コメです。
子育ての最中って振り返る余裕もなく、
ただ前進するのみですよね。
私も少しずつ自分の時間が
取れるようになってから、ブログはじめました。
自分にとって振り返れる時間があるって
ホントに気持ちに余裕ができたから
なので、きっと今が自分にとっての
ご褒美の時間かも・・・
この時間を大切にしましょうね。
ゆうこりん
2010/02/13 19:35
こんにちは

ねじばなたんさんの経由できました。
(彼女はずっと年下ですけど すごく優しい人だと
ネットだけですけど思ってます)

なんか昔を思い出しました。ずっと子供ができなくて
治療も疲れたし 別れようかなとか 乳児院で
ずっと子供を見ていて養子はどうかなあとか
思っていたこと ずいぶん昔です。
なかなか決心がつかなくて 悩んでいた
自分を思い出しました。

でも もう子供忘れていた頃 突然子供ができたんですけどね。

お友達の叔母様は男の子を赤ちゃんで養子にして
凄く可愛がって育てていて 私たちが大学生の
時に高校生でしたが 仲がいい親子でした。

自分は両親とあまり折り合いがよくなくて
特に母と上手くいかなくて色々ありましたが・・。
でもまあ親は大変ですよね。

とりとめない話をしてすいません。
800びくに
2011/02/06 13:21
>800びくにさんへ
こんにちは。ようこそいらっしゃいまし。
ねじばなたんのお部屋は最近知ったばかりなのにここまで来ていただいてありがとうございます。
びくにさんはうさぎのように呑気じゃなくてじっくり物事を考えるかたなんでしょうね。乳児院で赤ちゃんを見てもさぁ、養子に!とは決められませんものね。
きっとまだお腹にいなかったお子様が「お母さん、その子じゃないよ、もうすぐ行くからね」と止めてくれたのかも。
でも治療などで悩んでるときはお辛かったですね。この部屋にも壮絶な治療のすえ養子縁組をした素敵なお母さんがたくさんいらっしゃいますがろくに治療を受けなかったうさぎはただもう尊敬!です。
知人にも迷ったすえ養子をあきらめた人もいます。
ご夫婦仲良く暮らしています。うさぎの経験でも最初からいなかったら寂しいってのも案外平気だし。

お友達の叔母様親子さんも幸せな巡り合わせで家族になられたんですね。お話をきくだけでも嬉しいです。

うさぎも両親には育ててもらった恩はありますがとくに血のつながった父を尊敬できなくて若いときは屈折してました。和気藹々に見えてもどこの家でもいろいろあるものですよ。それがおおっぴらになってしまうか隠すかの違いだけだと思います。

とりとめないお話、大歓迎です。
そもそもこのブログもとりとめない話ばっかりですしね。(笑)
記事とまったく関係ないコメントでもなんでも「井戸端会議」のおつもりで書き込んでくださいね。
新しい記事のほうでお待ちしています。
ねじばなたんのところでも又お会いしましょうね。

800びくにさんはブログはされてませんか?
されてたら よかったらURL お願いしますね。
うさぎママ
2011/02/06 15:05
今晩は

ご丁寧なコメントありがとうございます。まあ人生いろいろありますよね。若い時はなんで自分だけって思ったけど社会に出たらいろんな環境で育った人がいて もっと複雑で苦労している人がたくさんいました。
自分の同級生や知り合いも子供さんがいないひとが多いのですが仲良く暮らしています。
いつもいく古い産婦人科はもう15年くらいいっていて
おじいさん先生ですが どうもキリスト教らしくて
裏が小さな教会なんです。ほとんど患者さんがいなくて
変な病院だと思ったのですが看護婦さんがすごく感じ
よくて先生も無口だけど優しそうなので一年に一回いってます。どうも診察室の端に養子の事がかいてあるから
先生がかんけいしているようです、話したことはないのですが 感謝状もあったし。
患者さんが韓国やフィリピンやわけありの人が多いようで
だからいつも空いてるのですね。でも自分はここが
好きです。古いけど清潔でお花がたくさん咲いていて昭和の香りが一杯です

ブログはまだ3月でどうってことないのですが とりあえず継続しようと頑張ってます。ただじっとしていると色々考えて苦しくなるので半ひきこもりだし ブログで様々な人と話し合って気持ちが明るくなります。

それではまた よかったら お暇の時 遊びにきてください
800びくに
URL
2011/02/07 19:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
はじめまして! 産めないから、もらっちゃった! /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる