産めないから、もらっちゃった!

アクセスカウンタ

zoom RSS 養子の子育ては大変か

<<   作成日時 : 2016/12/12 23:36   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

毎日、いろんなニュースが流れます。

テレビっ子のマシューがよくつけっぱなしにしてるので

聞くともなしに、テレビのニュースなどは聞いてます。

今年も、小さな子供の受難の多かったこと。

年若く考えの浅い父母はもちろんのこと

なんとうさぎと同じ年頃のお祖母ちゃんが孫を・・・。

ひと昔、ふた昔前にも、隠れた悲劇はあったでしょうが

昨今のような連日の報道には、母性信仰は崩れたか、と

悲しい思いでいっぱいになります。



でも、こうした報道と合わせて、特別養子縁組の件も多く

運営停止処分になった劣悪な養子あっせん団体のことなども

養子縁組にまったく縁がない人たちに、関心をもってもらえるきっかけかも、と

ポジティブに考えたりもしていました。



特に、望まぬ妊娠に慌てふためいている若い人に

「産まれても大丈夫なんだ、養子に出せるんだ」と

もうひとつの選択肢を知ってもらえるのは、いいことですよね。

無知からの悲劇が、一件でも減りますように・・・。



さらりと聞き流すテレビと違って

新聞記事は、じっくりと読めるので、これはこれで余計なことが気になります。



新法成立

養子縁組 仕組み育て
   という見出しの新聞記事@産経新聞で

9日に衆院本会議で「養子縁組児童保護法」が可決、成立したとの記事。

悪質な民間の養子縁組あっせん事業者を排除するためとのことで、喜ばしい限り。



ところが、この文中に、個人的に非常に気になるコメントがあり

どうにも引っかかって、納得できないのです。


**県児童相談所での勤務経験もある**大学の**子准教授(児童家庭福祉)は

「事業者の質を担保するため、法制定は重要。

ただ 養子縁組は普通の子育ての何倍も大変で、

その後の支援が大事。

自らの出自を知る権利の保障についても検討していく必要がある」

と話していた。





年令の高い子供さんを託されたら、とても大変だとは思いますし

新生児委託にしても、それぞれの性格で、真実告知後の心の揺れに向き合うのが

大きな課題になるのは、よくわかります。

それにしても、養子=大変 というくくりは、どんなものでしょう。

うちの娘はかなり育てやすいタイプだったかと思います。

その娘ひとりしか育てていない(=子育ての経験は少ない)立場なので

あまり大口たたけないのですが、

でも、「普通の子育て」の大変さは、ひとりひとり違っているし

養子だから特別大変だ、というのも、ちょっと抵抗があるんですけど・・・。



養子だからじゃなく、その子供の個性で手のかかるケースはあると思うんです。

それは、養子じゃなく実子だって同様だし、そもそも子育てって大変です。

その後の支援は・・・

覚悟して迎えた養子親より、むしろ心構えなく若くして親になった人たちにこそ

必要なケースが多いのでは、と、最近の悲しい事件などが頭をよぎります。

養子を迎えられたというのは、子育てに充分な資格があると認定済みなわけで

うっかりできちゃった!と焦るお母さんよりも、余裕をもって子育てできるのでは?



アンの母親になったばかりの頃、よく言われた言葉「偉いわね」 と同様に

「養子=子育てが普通より大変」というのも、一種の養子あるある事案かも?

理解を示してくれてるようで、じつは差別されてるような

元当事者としては、微妙に居心地の悪い言葉でした。



養子実子の別なく、楽な子育て、大変な子育てがあり

大変さのレベルもいろいろ。

うちは、女の子なのに停学処分、と普通なら焦る事態に陥っても

「こんな経験も、親になれたからだなぁ」
とある意味楽しんでいて

その後の支援とやらが必要だとは思いませんでした。

だって、うちの子なんだもん、親の責任でしょ?



もし警察沙汰などになって、児童相談所に相談にいくにしても

養子というのは一切抜きにして、普通の親として相談にいったと思います。

「養子だから大変」という言い訳は、自分に甘すぎるから、使えないわ。



あ、思い出した。

警察署へ迎えにいったことも、じつは二回ほど、あったんだった・・・

(幸いたいしたことではなくて、いまだに父親には話していない)

そりゃ、母親としては冷や汗もの、でも・・・

この子が養子だから、ってことは、これっぽっちも頭に浮かびませんでした。





新聞が取材した准教授さんは

たぶん長いお話の一部を抜粋されて、納得できない記事になっているかもしれません。

彼女の考えを否定したりそしったりする気持ちはありません。

ただ、単純に

「養子の子育ては普通より大変」という言葉に

ちょっと個人的に過敏に反応したので、あれこれと書いてみました。


 




かつて養子を迎えて育てた方、現在進行形の方、ご意見をお聞かせくださいね。










月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、いつもブログ読ませてもらっています(養子迎える前に本も買って読みました(^^))。

養子縁組の子育ては普通の子育てより大変、その後の支援が必要についての記事、私も読んでいて一瞬引っかかりましたが、新生児で迎えたわけじゃない場合は普通より細やかなケアが必要となるでしょうし、制度的に不備なことや役所の対応のこともあるかなと思いました。

私自身は子供を新生児で迎えたので、確かに純粋な意味での「子育て」は実子の子育てと変わりないと感じましたが、役所の手続きのスムーズにいかなさには大変苦労しました。
例えば児童手当は戸籍上実子になるまでもらえないと言われたり(結局もらえてますがそこに至るまでが大変でした)、育休給付金はもらえるようになったのに、社会保険料は免除にならなかったり(実子の場合より毎月4万円以上負担。給付金が社会保険料で激減…)、養子というだけでなぜ普通のお母さんよりこんなに大変なの?と何度も思いました。
急に迎えた新生児を育てながら、役所と個人的に戦わなければいけない状況は、確かに「普通の子育てより何倍大変」です。
そういう意味ではその後の支援(子供を迎えた後の支援)は必須と思っています。
limesoda
2016/12/13 07:23
>limesodaさんへ
コメントありがとうございます。
28年前の児相からのうちの場合と、現在の状況はかなり違っていると思いますが、役所の手続きなどの部分は、正直あまり覚えていません。
こういうハード面の煩雑で不公平な部分は、今後の改革に期待したいですね。

私が気になるのは、ソフト面(子供さんとの毎日)での、養子の子育ては大変か、という点なんです。
母も父も子も、それぞれの性格があるし、すべての家庭の子育ての大変さもそれぞれ違っていると思うので、特に養子だから・・・という取り上げられ方に抵抗があります。

母子家庭だから、あるいはステップファミリーだから、大変でしょうと言われてる養子以外のご家庭も、同じように感じているのかな、と思っています。
うさぎママ
2016/12/13 11:45
うさぎママさん、お久しぶりです!
ひさ〜しぶりに開いたブログ村、うさぎママさんのストレートな主張に嬉しくなりました。

子どもを迎える前、周囲の心配は「養子は大変」という思い込みに基づくものでした。
そこを不用意に強調されると、養親希望者も、養子に出す側も、ためらってしまいますね。

年長の子どもや被虐待の子どもを迎える大変さと、制度の不備による大変さと、養子であろうがなかろうが関係ない育児の大変さと、分けて考えるといいのかな。
うちは働きながらの育児だったので、その点のしんどさはハンパなかったけど、保育園仲間はみんな同じ状態で、養子は関係なかったです。

「養子って幸せ」って空気が世の中に広がるといいですね。
鶴麻真矢
2016/12/16 10:08
>真矢さんへ
コメントありがとうございます。
「ストレートな主張」というほどでなく、単純にあれ?と思ったことなんですが、真矢さんと同じく、養子は大変というのを聞いて、これから縁組を考えてる人たちがビビってしまったら困るな、と思ったのです。
そもそも育児って、十年後二十年後まで考えると、怖くてできない大博打では。
子供を持たない選択をする最近の若いご夫婦をみても、わからないでもない昨今です。
(もしやアン夫婦も?という一抹の不安もあります)

子育てはみんな大変。
養子だから、という思い込みがなくなればいいなぁ、と思っています。
うさぎママ
2016/12/16 15:20
今晩は。私はお呼びじゃないけれど書いちゃいます。お許しを(笑)

子育てに十分な資格の認定、正直私も欲しかったです。
誤解を招くので言い直しますと、公の機関で子育てについての授業や研修受けたいです。里親や特別養子縁組をするためには研修や実習が必須ですが、妊娠中の両親教室だけでなく産後からの新生児以降の両親教室があればと常々思っています。

なんだか、自分で産む人は好きに育児書でも何でも漁って自由に育児してね、って悪く言えば突き返されているように思うこともあります。両親教室もほぼ新生児のみの話しかしないから、どこで学べっちゅーねん!って。さながら国から育児書やネットや口コミに翻弄さらながら育てろ、ただし小学生からは教育してあげる。だからそれまでまともに育ててね。なんて空耳まで聞こえてきそうです。

自己流じゃなくて、公的機関から正しい情報で学んでみたかったです。
育児相談じゃなくて、育児授業なんて……需給ありませんかね。
明太子ママ
2016/12/17 02:16
>明太子ママさんへ
お呼びじゃなくないです、門戸は世界に開いてますから、(大げさ・自意識過剰・笑)実子養子の別なくすべてのママやプレママのコメント待ってますよ

う〜ん・・・
育児授業ねぇ・・・
それもありかもねぇ・・・

でも、子供さんに真摯に向き合っていれば、それがその家庭の正しい育児そのものだと思いますよ。

な〜んてねっ。
子育て終わったから、余裕こいてお気楽なこと言えますが、当時はずいぶん迷ったこともありました。

お母さんたち、頑張って!としか言えません。


うさぎママ
2016/12/18 09:19
養子は大変!?
ハードな面での大変さは養子となった子どもを守るために大切な部分もあるのかもと海外ドキュメンタリー 捨てられる養子たち を見て思いました。
ソフト面 育児という面では実子 養子ともに変わらないと思いますが、養子が真実を知り思春期などにアイデンティティをその出生に求めようとした時や、養子が養子である事を理由に心無い言葉や先入観にさらされ傷ついた時、養親は切ない思いをするに違いなくて...
(養父母は大変だったろうな申し訳なかったなと思います)


ミニョン
2016/12/20 13:31
>ミニョンちゃんへ
養子のいちばんの問題は、やはり真実告知にまつわるものだと思いますが、世間にはそれと並ぶもの、いえもっと深刻なもの(例えば親が犯罪者になることなど)がたくさんあるし、それよりは楽だと思っています。
養父母の苦労は、まぁ養子を迎えると決めたのだから、自己責任だし、こども側は気にしなくてもいいんじゃないかなぁ。
その苦労の何倍も何十倍も、こどものもたらした喜びは大きいのですから。

この記事のように「何倍も大変」と言い募ってこれから養子縁組を考える人たちの気持ちを不安にさせるのは、どうかなぁ、と思います。
ビビって養子縁組をあきらめるとしたら、とてももったいない!と思います。
私は、養子縁組して本当に幸せになりましたから
うさぎママ
2016/12/20 15:57
お久しぶりです。
私もlimesodaさんのご意見に一票。
育児そのものは確かに実子と変わらないと思うんです。反抗期とかもそう。養子だから大変、って言うのはちょっと甘えてるな、とも思います。
でも、手続きなんかはホントーに大変でした。
役所の方も何しろレアケースなので「前例がない」状態。もちろん拒否はされないですが、窓口の人達も一緒に右往左往しましたよ(笑)
児童手当とか保険証とかに関するものも、新たにそれに対応できる書類を作ったり、してくださいました。
現在の児童手当の申請の現況届なんて、私が最初に申請に行った時よりも、内容とか、但し書きが増えてますよ。密かに私のお手柄♪(?)と思ってます。
なので、新聞記事はちょっと言葉が足りないな、と思う次第です。

あ、関係ないですがちょっとお知らせありましてメール致しました。お時間あるときにご確認いただけたら嬉しいです(^-^)
眠い兎
2016/12/22 11:00
>眠い兎さんへ

コメントありがとうございます。
当時は簡単だったのか、とっくに忘れてしまったのか、私の印象は「手続きってたいしたことない(裁判も含めて)」ものなのね。
今は、いろいろと複雑怪奇に手続きの種類が増えてるんでしょうかね?

メール拝読しました。
ありがとうございました。
これからもよろしく〜
うさぎママ
2016/12/22 19:24
ええっ、大変なんて思ったこともないですね〜。只々嬉しくて、育児がたのしくて。親が幸せだと、子供も幸せに育ちやすいのではないかしら?
子供にもよるのでしょうが、うちの娘は育てやすかったですよ。もの心ついた頃から養子だって知ってたから、それが何?という感じで、親子の絆がよそ様より強いのを感じるくらい。
未だに来ない反抗期とやらに一抹の不安を覚えますが、、、(笑)
Aminomama49
2016/12/25 17:22
>Aminomamaさんへ
ふふふ、私も同じでした。
嬉しくて嬉しくて、天国にいるようでした。
産後のダメージが全くないから(当たり前)体力もあるし、そのぶん楽だったんでしょうねぇ。
むしろ、泣かれても、「この子は遠慮せずに泣いてくれてる〜」(これも当たり前・新生児だもの)と嬉しかったっけ。
Amiさんちのお嬢さんと同じく、うちも育てやすい子だったので、幼児期もよそより楽だった気がします。
夫と2人でも、それなりにいい人生だったかもしれないけど、リセットできるとしても、やはり養子を迎えたいですね。
次は2人、3人と迎えるかもねっ
うさぎママ
2016/12/26 09:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
養子の子育ては大変か 産めないから、もらっちゃった! /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる