産めないから、もらっちゃった!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「母」を考えた本:諦めない女

<<   作成日時 : 2017/07/08 09:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

あっという間に、今年も半分すぎましたね〜

とはいえ、ハワイ旅行・母を看取ったこと、振り返ると色々あった半年でした。

でも、瞬きする間に半年過ぎたって感覚。これも年令を重ねたからかしら?



やっと再開した読書。

やっぱり本はいいわ。

自分の人生(いたって平凡)と別に、幾通りもの人生を味わえる。

悲しいのも怖いのも苦しいのもあるけど、バーチャルなんで乗り越えられる。

で。

この本では、最愛の幼い娘が姿を消す、という、

母親としては最低最悪の苦しい体験をさせてもらいました。



いきなり!

神隠し?

どこへいったの? 



手掛かり無しのままで何年・・・

家族も諦める方向へ促してくる。

いつまで街頭でビラ配るつもりだ? 

いえ、あの子は生きてる! きっと生きてる!

産んだ私にはわかる! (ここんとこは・・・???)

何年たっても、ビラ配りは辞めないわよ。だってあの子は生きてる!

(このあたりは、読んでて一番辛く、また脱帽する状況でした)



 諦めない女 by桂望実 @光文社




とても思いがけないストーリィ展開で、結末もビックリ仰天で・・・

たいへん上質な小説で、たっぷり楽しませてもらいました。



そして、ストーリィとは関係ないのですが(いやおおいに関係あるのですが)

「私の産んだ子」「私だけが待っていた」という自負ってか大いなる母性愛が

後半、とんでもない方向に突っ走っちゃうところが、怖かったwww

でも、同じ状況だと、誰しもこうなる可能性は、ある。

母親の1人として、(産んでないけれども母は母!)

自戒せねばならない、子どもの成長を認めて手放さなければ、と

肝に銘じたのでした。



最近は、ちょっとは手放した感もありますが、やはりね。

ちょくちょく出るのね。

「母親である私の言うこと聞いてれば、間違いないのよ。

アナタの事を思ってるのは、私が一番なんだから。」
臭漂う発言。

いやいまさら、娘もこの夏で30才なんだし結婚してるし

聞き流してるので、実害はないと思うんだけど。




養子縁組は出てきません。

他のブログの記事を拝読しても、子どもの成長に従って

どちら様もほとんど普通の育児ブログになってる様子なので

(そしてそれが自然な流れだと嬉しく思っています)

養子関係なくても、子離れがテーマでもいいかな、と思って

いえ何より面白くって、一気読みしちゃったので

今回ご紹介させていただきました。

怖いところも多いので、梅雨の合間の暑気払いにいかがでしょう?



    See You〜 

















月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも興味深い本のご紹介をありがとうございます。
先日ご紹介されていた「誰かが見ている」を今読んでいるところです。
こちらは図書館の予約待ちで、やっと借りて来て、久しぶりに読書を楽しんでいます。
早速「諦めない女」も図書館に予約を入れておこうと思います
うさぎママさんの影響で、いつの間にか私も「養子縁組」に反応するようになってきました。
今、気に入って見ている朝の連ドラ「ひよっこ」にも和菓子屋の息子さんが養子という設定で登場しています。
反応するようになったせいか、「養子」という言葉は思った以上に頻繁に本やTVで見るようになりました。
..と書いていて、我が夫も養子だったことを思い出しました。
まぁ、その位に「養子」が特別ではなく当たり前な世の中になっていくといいなと思います。

kiri
2017/07/09 01:08
>kiriさんへ
本をよりどり選んで読める平和な国に居ることは、幸運ですよね。
養子ってワードで選んでないのに、ふいと出てくる養子。
それだけ一般的になってきたのかも。
そうそう、和菓子屋の息子さん。絵、養子?とびっくりでした。お父さんとの親子げんかも楽しそうでいいですよね。
また手当たり次第の乱読の中から、いろいろ紹介します。よろしくね〜
うさぎママ
2017/07/10 14:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
「母」を考えた本:諦めない女 産めないから、もらっちゃった! /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる