産めないから、もらっちゃった!

アクセスカウンタ

zoom RSS 養子縁組登場の本:産まなくても、産めなくても

<<   作成日時 : 2017/07/12 10:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


他の人生のひとかけらでも、味わうことが出来る。

読書って、そういう楽しみがありますね。

普通に妊娠・出産・子育てしている女性が大多数の世の中ですが

暇つぶしにでもこういう本に触れて

不妊治療などで苦しんでいる同性の心情に思いを馳せて下さればいいな。

「赤ちゃんはまだ?」の一言の残酷さ、善意だからこそのきつさなど

まだまだ一般の人達にはわかってもらえない点は多いように思います。



さて、この本。

タイトルがあまりにもズバリなので

手に取るのがこっ恥ずかしい気もしましたが

(いやいや、アンタがそれ言うか、自分のブログタイトル差し置いて

と突っ込まれたら、一言もないけど 

7話からなる構成で、とても楽しめました。



  産まなくても、産めなくても by甘糟リリ子 @講談社

顕微鏡受精や卵子凍結、男性不妊など、妊娠や出産にまつわる

切実なテーマを切り取った、7つの物語。




不妊治療をしたことないのですが、経験者には読んで辛いところもありそうです。

産まない選択(というか、妊娠しない選択)をした女性もいれば

思わぬ無精子症宣告に揺れる男心てなものも取り上げられていますが

不妊治療後に特別養子縁組を考え始める夫婦の話がはいっています。

思わぬ妊娠に追い詰められる実母さんの心情など、丹念な取材がうかがわれます。



前にも書きましたが、さりげなく特別養子縁組が取り上げられ、

手続きなどがわかりやすく述べられているのが、嬉しいです。

不妊テーマでふと手に取った本で、特別養子縁組を知る方がいれば

そして、それがこの本のご夫婦のように新しい希望の道に続けば、と

特別養子縁組で人生が明るく拓けた(と信じてる)当事者としては

心から願わずにはいられません。



なお、最後の章では大笑いしちゃいました。

イクメン以前の育児参加の勇気あるパパ登場です

現在の不妊治療の医療の進歩を考えれば・・・あるいは実現する?

おおいに楽しみに、長生きせねば、と思ったお話でした。



甘糟リリ子さんの近著

産む、産まない、産めない はまだ読んでないので、次なる楽しみが出来ました。



   See You〜 








月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
養子縁組登場の本:産まなくても、産めなくても 産めないから、もらっちゃった! /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる