6月のご報告

すっかりご無沙汰いたしました。 ご報告、というほどの事もないのですが・・・。 あれから何度かアンとやりとりしましたが、永住権は無事に夫婦で取れたと喜んでおりました。 そして、仕事の合間を縫って就職活動をしたGieちゃんは、無事転職が決まり、3週間のお休みを楽しんでいます。 マシューは2カ月の予定が3か月にのびてしんどいし…
コメント:0

続きを読むread more

新しい事を始めてみよう♬

昔は子供たちの習い事を始めるのは、6才の6月6日からと言われたそうですね。 新しいことを始めるのには、いいかもしれない。 今年になってから急にマシューがコロナ感染の心配が過剰に膨大になり、2年前からのコーラスも、1年前からの一閑張りの教室もいったんお休みにしてたんです。 アンの帰省も 「こんな時期に・・・東京も大阪も沖縄も危…
コメント:0

続きを読むread more

永住するの?

アン夫婦がそろって渡航4年目の記念日に永住権を取得。 一年以上も待つことがある、とも聞いていたので、思いの外サクサク進んでよかったぁ~♪ もっとも、その件については、マシューは言葉少なながらも不安もありそう。 で、アンに永住権絡みで今の考えを訊いてみました。 アンいわく カナダはいいところだし、仕事も満足だし、けど一生…
コメント:0

続きを読むread more

あざなえる縄の日々?

  ゆっくり起きて、いつもの倹しい(食欲にあった)朝食。 わずかな洗濯物が薫風にひるがえるのをみながら、ちょっとだけ庭仕事。 (あまり根を詰めるとね、腰にくる・・・) ホームベーカリーにおまかせのパンを仕込む。 これは、明日会う予定の旧友ガラシャちゃんへのお土産。 あとは、買い物ついでに(今日は卵特売日!…
コメント:0

続きを読むread more

ネイリストは浮ついてる?

帰省中も、ときどきラインメールが入り、ほとんどがお客様からの予約を求めるものでした。 完全に自宅での仕事に切り替えて、午前午後合わせて多くて4件しか取れないので、おなじみの方は速めの予約を取ってくださるようで、ありがたいことです。 本人は、もっと効率よく手早く施術出来るようになったら、あと一件は増やして、そしたら週休3日で営業したい…
コメント:0

続きを読むread more

ネコノシタイ???

アンの帰省が終わってはや10日。 忙しいでしょう、と控えていた友人たちからランチなどの誘いが続いてます。 できるだけテラス席のある店で、あるいは田舎で、と店を選びながら出かけていますが、やはりスマホの画像を見せながらアンと出かけた楽しい場所の紹介をしてしまいます。 県内とはいえ、一泊した柏島は西の果て。 行ったことない人ばか…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 27日目 最終日

昨日だったはずの婦人科検診が朝イチの順番待ち・・・ 番狂わせはアンにつきものだけど、最終日ってのがねぇ。 11時前には空港に行かないと、大きな荷物ふたつあるし。 この帰省中いちばんの早起きをして、朝ごはん。 アンのために買っていたウインナーも、最後の3本を食べ切る。 目玉焼きにいちばん大きな卵を選んだら、あら、双子の卵! …
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 26日目 番狂わせ

いよいよ明日はフライト。 丸っと遊べるのは今日だけとなったけど・・・ このところ、連日のように通っているTSUTAYAから興味あるコミックを借りてきて、夢中で夜遅くまで読んでるアン。 なかでも人気でやっと予約して借り受けた数冊を読みふけり、ゆっくりの起床。 ま、カナダへ戻ればネイルのお客様を迎える前に大急ぎで朝ごはんを用意して食…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 25日目 仙台名物?

残り3日となった里帰り。 心残りのないように、この日もランチに出かけます。 それも、当地初出店の仙台の牛タンをめざして。 「カナダじゃ食べられない」が錦の御旗、葵の印籠となり、どこへでも連れていく甘い母。 え、仙台名物? まぁ故郷の海の幸は小はちりめんじゃこから大はマグロまで、食べ尽くした感あるからね。 もちろん、それだ…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 24日目 母の日は島で目覚める

走り梅雨なのか、曇りから雨になる日が増えたけれど、その合間を縫って強引に母娘で一泊旅行。 2日目はあまり期待していなかったのに、障子越しに朝陽がさして、上天気。 傍らには熟睡するアン。 この何年かで最も恵まれた母の日になりました。 ゆっくりといただく朝食には、分厚い鰤の塩焼きまでついて、アンは大喜び。 さて、この日の予定は…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 23日目 柏島へ

この日は、滞在中で最も早起きした日。 7時には家を出る計画で、けっきょく10分ほど遅れたけれど。 この二日前に、カレンダーを見ながら 「二年前の帰省の仁淀ブルーはリベンジ出来たけど、海のレジャー計画は無理だったねぇ」 と漏らしたら、口惜しさを思い出したのか、がぜんその気になるアン。 悪友たちと海にもぐるんだ、と張り切ってい…
コメント:0

続きを読むread more

旧友との夜は・・・

「2回は飲み会したいなぁ♪ 1か月もあるんだもん~」 そう言ってたけど、永住権申請のための健康診断で予定が狂い、メンバーも仕事の都合があり、故郷に戻って22日目、やっと会えた中学校からの悪友たち。 1人はあっという間に2人の男の子のママになり、家を建て、実家の仕事をフルタイムで手伝っています。 パパがInstagramをしているの…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 22日目 いろんな人と再会の日

今夜は今回の帰省で唯一の夜のお出かけ。 中学生から一緒に先生に叱られた悪友、まとめて「あの四人組」と呼ばれたメンバーと集まります。 もっとも、某有名ブランドで勤める一人は東京・・・ 別途に帰省直後と帰国直前に二度会うことが出来たようですが、少し寂しいですね。 アンが大阪にいるころは、四人そろって温泉旅行など楽しんでブログネタ…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 21日目 お試しパッキングに汗だく

連日の行楽、そのついでに欠かさず買い物。 小さなものでは、作家さんの箸置き、嵩張るのもでは、大量のマスク、衣類、7足の靴(?!)。 居間の片隅の2つのスーツケース周辺が、うずたかく積まれたモノに囲まれて雑然としてきました。 にも拘わらず、本日も 「2リットル入りの耐熱の冷水筒買わなきゃ。Gieちゃんが夏には烏龍茶を冷やすの。あち…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 20日目 ヴィーガンランチ

アンがカナダに渡って数か月後、初めて仕事をした小さなネイルサロン。 元気いっぱいの若い日本女性が経営していました。 Gieちゃんによると、語学学校よりもこのお店でアンの英語はみるみる上達したとのこと。 やはり、習うより慣れよ、ってことでしょうか。 わずか二か月後に 「アンちゃんなら大丈夫、ではよろしくね~♪」 と日本に里…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 19日目 仁淀ブルー

前回の帰省は、コロナが広がりカナダの受け入れがストップする、というので慌てて一週間切り上げて戻ったアン。 その知らせを聞いた時、わいわいとおむすびを握り、出かけようとしていたのが仁淀ブルーの渓谷でした。 お天気も上々のこの日を選んで、リベンジです。 前回は行く気満々だったマシュー、リモートワークを口実に留守番を決め込み、またも…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 18日目 3年分の誕生日プレゼント

連日カナダでは食べられないものをリクエストしてくるアン。 特に大好きな太刀魚を、と帰国前から言ってましたが、時期的に地元のものは見かけません。 外国産のは大味で、それでも太刀魚、と喜んでましたが、めったに行かない隣町のスーパーで九州産のものを見つけてからは、三度は買いに走ったでしょうか。 ホントに美味しそうに食べるので、常では…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 17日目 衝撃の事実発覚!

今日は、今日こそはのんびり・・・ いえいえ、フルに故郷を味わうつもりのアンの辞書にはのんびりなんてワードはないようです。 ゆっくり起きて定番の朝食。 うちは年齢的に簡素な朝食が定着しています。 ホームベーカリーで焼いたレーズンパンやご飯パンにサプリ代わりのクルミを載せたもの。 バナナや林檎などをスライスし、ヨーグルトときな粉を…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 16日目 勾玉のネックレス

お天気はいいし、お出かけにぴったり。 とはいえ、本日は10時から歩いて3分の歯科で2度目のクリーニングの予定。 虫歯はないけど、慣れたところでお手入れしておこう、というアン。 カナダに行った頃は歯科は保険でカバーできなくて全額自己負担というのにびびり、夫婦で歯磨きを念入りにするのが習慣になったとか。 現在はGieちゃんの会社の保…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 15日目 46th結婚記念日(^^♪

今日は私たち夫婦の結婚記念日。 いつもだと、ちょっとご馳走を作るだけでひっそりと過ごすのだけど。 アンもいるし、今までいったことの無い評判の鰻店を予約していました。 少しゆっくりできるかな、と思ってたのに、やはりアンがいると忙しい。 カナダのとは比べ物にならないほど美味しい、とねだられて、道の駅に苺を探してドライブ。 冷蔵…
コメント:0

続きを読むread more

母の日に寄せて♪

里帰り中のアンとのあれこれ、更新が追い付いておりません。 何しろ、ほぼ毎日出かけているのでクタクタ・・・ 幼いアン(としばしばその友達)と海に山に公園に~と出かけて楽しんだ頃の若さをしみじみと懐かしんでおります。 順を追っての記事は後日体力回復してからになりますが、何と言っても今日は母の日。 心覚えにちょっと書いておきましょ…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 12・13・14日目 嬉しい検査結果

マシューの今更のコロナ禍への防御姿勢が強まって、今年から各種習い事も控え、ほぼスーパーなどへの買い物のみの外出。 でも、アンにつきあっての買い物や何やらで、おかげで私の気持も上昇気流に乗ってます。 そのアンが3日間の沖縄旅行に出たのです。 「沖縄は・・・やめるわけにはいかんのか」とぼやくマシュー。 カナダの友人が里帰りしてい…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 10・11日目 お墓詣り

じつはメディカルチェックの病院で、少々ややこしい病気の疑いがうっすらと浮かび出て、その検査の結果を待つアン。 1人では受け止められないかも、というので予定の大阪をカットしたのだけど。 待つしかない不安を少しでも解消しようと、10日目は近くの店でクレープを食べたり、TSUTAYAで好きな作家さんのコミックをたんまり借りてきて読…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 8・9日目 不安なメディカルチェックと海洋堂

アンのいない8日目。ホッと一息ついてたら、東京のアンから半泣きの電話。 メディカルチェックの病院の都合やらその内容やらで、予定が狂う、と。 とりあえず9日目には戻るから、それからの話ね、と宥めて切る。 幸いホテルでなく、親友のお宅に泊っているから、ひとりメソメソする間もなく元気な子供さんたちの相手をして気がまぎれるはず。 翌…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 7日目 TSUTAYA書店で絵本談義

今日は朝からキャベツを山ほど刻み、冷凍庫から海老を出して解凍。 アンは午後3時のフライトで、移民申請のためのメディカルチェックを受けに東京にいくのですが、午前中に興味津々の複合施設蔦屋書店をちょっと覗いてみよう、と誘っているのです。 お昼は最近ふんわりと美味しく作れ出した自慢のお好み焼きを準備して置いたら安心、安心。 しばらく…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 7日目 甘い叔父ちゃんとランチ

アンが里帰りするたびに、何かしら新しいことを教えてもらいます。 今回は、クイックPay (^^♪ 何年も前から支払えるところでは必ずマスターカードでカード決済をしていたのですが、お財布携帯とかPayPayはよくわからなくて、手を染めていなかったんです。 買い物のたびにカードを出すのをみて、 「カードを出す手間がなくなるか…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 6日目 免許更新と沈下橋

今日はいつもより早起き。 この8月に誕生日を迎えるアン、自動車免許の更新の年なので、早めに更新が出来るかどうか問い合わせて免許センターに有料講習の時間に合わせていく予定なのです。 前日に用意した住民票(本籍は大阪、現住所はこの家)とパスポートを忘れず携えて出発! ところが・・・ 講習30分前に到着したのに、午前中2回分は埋まって…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 5日目 堀立て筍♪

前日届いた新しいWifiのルーターをカナダのGieちゃんに訊きながら取り換えるのが、5日目のミッション。 時差で午後の仕事になる、というので午前中はちょこちょこのお出かけに。 手持ちの現金が少なくなった、というので預かっている郵貯の記帳もあるし、郵便局へ。 カード払いばかりなのに?と思っていたら、封筒に入れた10万円を「はい!」 …
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 4日目 レトロ体験と懐かしい海

前日は足を棒にして買い物したし、4日目はゆっくりと朝寝坊のアン。 懐かしいコミックをTSUTAYAで借りてきて、ティーンに戻って遅くまで読んでたみたいだし、まぁいっか。 ところが、出かけないのがもったいないような上天気! まるで5月の一日が紛れ込んだような暖かさ。 出不精のマシューに留守番を頼んで、出かけることになりました。…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 3日目 財布の紐が千切れる予感

忙中楽しみあり、との予感は的中。 とにかくバタバタして気忙しく、パソコンの前に座れない日々が続いています。 食事の用意も、マシューと二人の暮らしとは大違い。 アンが二階に引き上げて、さて、と思うとマシューがやおら仕事を始めてパソコンを使い出すし・・・ アンに付き合ってお出かけが多く、疲れているので早々と床についてしまいます。 …
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 2日目 怒涛のバカンススタート!

沢山の洗濯物を干しあげて、日差しを期待しながら眺めて久しぶりの親子3人の朝ごはん。 ご飯を加えて焼く最近お気に入りのゴパンに、たっぷりの手作りパイナップルジャム。 紅茶党のアンにはアップルティー、マシューに倣ってヤクルトのミルク割。 バナナとリンゴのスライスに、希望を聞いて茹でウインナーも添えて。 穏やかなスタートだった2日目で…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省 1日目 さっそくのソウルフード

一昨年の3月、コロナ対策のために急がないと戻れなくなる、と大慌てで予定を前倒ししてカナダの夫のもとに飛び立ったアン。 やっと、二年ぶりに里帰りしました。 食べたいもの、行きたいところ、会いたい人・・・ 心残りを取り戻す勢いで、今回は一か月以上の滞在です。 とはいえ、うかうかしていると、あっという間に過ぎてしまうのです。 毎…
コメント:0

続きを読むread more

焦っています。

昨日の記事を読み返してみたら、とんでもなく重複してるので焦っています。ダラダラ読まされた皆様、ごめんなさい、 マシューがパソコン一式を現場事務所に持ち込んだので、スマホから投稿しています。訂正したいのですが、どこから入ればいいのやら、さっぱりわかりません。トシだからかなりきちゃってるな、と笑い飛ばしてくださいねー お弁当を自分の分も…
コメント:0

続きを読むread more

3月のご報告

今日訪ねた海辺の道の駅に旧暦の雛飾りがたくさん並んでいました。豪奢な古式ゆかしい七段飾りも素敵だけど、両手で包み込めるほどのミニ雛も愛おしく、あ、そういえば毎年楽しみにしていたとある町の雛飾りイベントも、この2年はご無沙汰しています。もう田植えも始まって、この道の駅の軒先には数羽の燕も去年の巣を品定め中。あっという間に春から夏になってし…
コメント:0

続きを読むread more

異国の代理母さんたち

明日は旧友の2人と待ち合わせて、半年ぶりの女子会です。 田舎へ、田舎へと走り、あまり込み合わない場所を選んで、おしゃべりをする予定。 穴場の桜の名所では、ソメイヨシノよりも一足早く満開の寒緋桜が待っています。 いつものように自慢のちらし寿司を3人分+お土産分作り、あと2人の自慢料理も堪能した後持ち帰る予定。 ホームベーカリー…
コメント:0

続きを読むread more

SNSを怖がる旧友

中学校からの友人と、子育て一段落ついた頃からさかんに行き来するようになりました。 いわゆる常識的な妻として母として頑張って来たHちゃんですが、ちょっと外れてる私とも気長に付き合ってくれます。 どちらかというと、新しい事に身の程知らずに果敢に
コメント:0

続きを読むread more

誕生日がブログ記念日♪

ご近所のもう満開を過ぎ、昨日は庭の隅でみつけたフキノトウでみそ味の箸休めを作りました。 名のみとはいえ、節分から立春をすぎると、やはり春の気配はただよいます。 暖かくもないけれど、今朝は夫婦で珍しくハンバーガー屋さんで朝のセットを買い込んで、川岸の駐車場に車を止め、きらめく流れを見ながらブランチ。 出不精なマシューも、今日…
コメント:0

続きを読むread more

「ペイント」を読んで

あまり韓国の作家さんの本は読んだことがありませんでした。 あっさりしたイラストの表紙、あまり分厚くない装丁に、数冊の本に添えて気まぐれで図書館から借りてきました。 惹句に興味を持ったのもありますが。 君たちは、親を選べる子どもなんだよ 子どもを欲しがらない人はますます増えていた。 出産を奨励するために政府が さま…
コメント:0

続きを読むread more

トランスジェンダー当事者のお話を聞いて

先日、市主催のセミナーで杉山文野さんのお話を聞きました。 【プロフィール】 1981年東京都生まれ。フェンシング元女子日本代表。トランスジェンダー。早稲田大学大学院修了。2年間のバッグパッカー生活で世界約50カ国+南極を巡り、現地で様々な社会問題と向き合う。日本最大のLGBTQプライドパレードであるNPO法人東京レインボープ…
コメント:0

続きを読むread more

一月のご報告

この前お正月だと思ったのに、とつぶやいた去年の年末でしたが、あらら、もう今年も12分の1が終わってしまいます。 晴れやかな元旦の空気もすっかりいつもの日常に薄められて、一か月過ぎてしまいました。 何か新しいことを、と一昨年はコーラスグループに加えてもらい、去年は一閑張り教室のメンバーとなり。 さて、今年は・・・とはいえ手一…
コメント:0

続きを読むread more