小学生のアンが話さなかったこと

話さなかったというより、話せなかったことかもしれません。 「赤毛のアン」さながらに、おしゃべりだったアン。 今さっきまで一緒に観ていたドラマの筋立てをお風呂で話し始めて 「あのね、それ、ママも知ってる。一緒に観てたから」 と、内心吹き出しながら返したこともあったほど。 それなのに。 小学生といっても6年生になると、話…
コメント:0

続きを読むread more

今だから話せるアンの恋バナ

アンとて、この夏誕生日を迎えると32歳の大人の女性。 振り返って、十代の恋(とも呼べぬ恋)の詳細を笑えるようになったのでしょう。 「白鳥の湖見逃したときの彼とは、何が原因で別れたの?」 「う~ん、何だったっけ、覚えてな~い・・・下らないことですぐ喧嘩してたから」 「うちに遊びに来たことあったよね、あの男子校の子よね」 …
コメント:0

続きを読むread more

バレエにまつわる話題から枝葉を広げるガールズトーク

一時間ほど前、アンから動画が届きました。 「少し青空見えたよ」と。 8階の大きな窓から向かいのビルはやや傾いた日を受けて輝く。 白い雲に水色の空、秋から春の終わりまで雨の多い街なので、貴重な晴れ間。 現地時間は午後8時半。 これから散歩も愉しめそうな明るさに、もう三年目なのにびっくりしてしまいます。 すぐに返信したの…
コメント:0

続きを読むread more

アンとバレエ観劇を楽しんだGW♪

旅行もお出かけも控えることが求められた二度目のGW。 晴れた日が二日しかなかったので、マシューの出不精を考えて大人しく過ごしました。 申し込みから二週間目にやっとコロナワクチン接種の予約はとれたけれど、一度目の接種は6月20日。 まだまだ気持ちを緩めるわけにはいきません。 庭の蕗を採って茹でたり、小梅を甘い梅干しに仕上げよう…
コメント:0

続きを読むread more

新しいアンの暮らし♪

カナダへ夫婦で渡ってから2年10カ月暮らしたコンド(アパート)から引っ越したアン。 ウキウキと報告が入ったのは今月初めでした。 タッチの差で他の人が借りることになってガッカリしてたらキャンセルになり、無事リストのトップだったコンドを借りられたこと。 キッチンが広くて嬉しい。 キッチンの奥にある窓のない広いパントリー(?)がG…
コメント:0

続きを読むread more

去年の3月18日

去年の今日は、アンから 「無事着きました。心配かけてごめんね」 とメールが届いた日。 そう、ゆっくりする予定だった里帰りを急遽切り上げて大騒ぎの末カナダへ戻った日なんです。 17日(こちらでは18日の早朝)のお昼までに空港に到着しなければ外国人の入国はストップする、というGieちゃんの朝の電話から始まった綱渡りのような1日、到着…
コメント:0

続きを読むread more

届いた荷物(と母心)♪

起き抜けにスマホをみるとアンからのライン。  荷物きたーーーー  嬉しすぎるやつばっかり。。  ありがとうありがとう あらら、2回目の2㎏までの小包、思ってたより1週間ほど早く到着したようです。 …
コメント:0

続きを読むread more

子育てを振り返ると反省ばかり #2

昨日の桃の節句は、もうお雛様も飾らず(それは10年来のことですが) 特別に散らし寿司を作ることもなく、女の子のいるご家庭とは全く違った普通の日を送りました。 ただ、画像保存をしているGoogleさんから、 「*年前を思い出してみましょう」とか何とかで、毎朝スマホに現れる画面が、3年前の伊勢旅行のものだったので、アンとのひと時を…
コメント:0

続きを読むread more

子育てを振り返ると反省ばかり #1

春一番も吹いて、それと一緒に若い友人の息子さんの中学受験の合格の知らせが届きました。 アンがまだ高校生の頃に知り合った、道産子の道子ちゃん。 犬友達から始まって、母子で一緒に大阪のアンの小さな部屋に泊まりに行った仲。 アンにも知らせて喜び合いましたが、塾通いも大変、その宿題を予習して下校後一緒に勉強していた道子ちゃんを知っているの…
コメント:0

続きを読むread more

アンの近況報告

天皇誕生日とて、都会もこの田舎も、案外外出する人が多い様子ですが・・・ 買い物もまとめてするし、友達を誘ってのお出かけも激減。 マシューとふたり、家にこもって庭木に刺したミカンに集まるメジロを観察するばかり。 「ミカンもそろそろ終わりやな・・・」 「ほら、離れたヤマモモの木にいるのがオス! 感心ね~メスばかりに食べさせて」 …
コメント:0

続きを読むread more

「女の子を産めば安心」説のママ友

この団地に越してきて犬の散歩中に立ち話。 そこから始まったお付き合いなので、ママ友以前の知り合いなのですが。 男の子2人のごく真っ当なお母さん、主婦業も完璧にこなす真面目な年下のかもめさん。 そのうち養子縁組を思い立ってあれこれと動き出した時も、経過報告をしていました。 かもめさんの親友が養女さんだったので、とくに養…
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと忙しい日 #2

さすがに二日続きでバタバタすると疲れちゃって・・・ 昨日はぐったり、夕食後ははやばやと休みました。 やっぱり、気持ちはともかく体は年齢並みに衰えているみたいで、がっかり。 で、その忙しい昨日ですが。 まず、7時20分に家を出て、車を車検のためガソリンスタンドに預けに行きました。 最寄りのセルフスタンドの女性スタッフさん…
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと忙しい日 #1

季節の果物を、三か所に発送。途中、添えるお菓子を買ったりなど。 午後は年末すら行きそびれた美容院で、久しぶりのカット。 そのあと買い物に出かけ、アンに頼まれたお茶のパックなど買い調える。 これ、うっかり忘れそうなので、覚えてるうちに、と済ませました。 「To Do]とかいう共通のメモのアプリを入れてるけど、それを見るのも忘れ…
コメント:0

続きを読むread more

暖かい陽射しに嬉しいことふたつ♪

去年茂った西洋楓を刈り込んでから、上空から草むら(同然の庭)がみえるのか、今年は早くから黄蝶が姿を見せてくれます。 今朝は、お向かいの屋根の上からちらちらと舞いながら、カップルの黄蝶がやってきました。 卵を産み付けるのに向いてる植物はないんだけど・・・ お互いを回り込むように飛びながら、しばらく遊んでいってくれました。 夕方の雨…
コメント:0

続きを読むread more

リアルでもネットでも大きな買い物

大きいといっても、リタイア年金生活ですから、たいしたことはありません。 3千円こえると大きな買い物ですもん。(←当家比) まずは山間の産直市に走って、旬の文旦の5㎏の袋を4つ。 贈答用の器量よしの大玉は箱入りで4,5千円するのですが、袋だと1500円前後。 ふたつは東京の妹に。 ひとつは同じく東京の甥に。 あとひとつから…
コメント:0

続きを読むread more

楽しいことも心配なこともある毎日 #2

誕生日に思いがけない自分へのプレゼントをするブログ友さんがいます。 海外にお住まいなので、海を中心にとっても大胆な体験をされていて、毎年びっくりするばかり。 同年代の方なので、ただただリスペクト! じつは、その方を見習って、というわけではないのですが (見習おうとしても、スケールが違いすぎるし勇気もありません) 誕生日…
コメント:0

続きを読むread more

楽しいことも心配なこともある毎日 #1

まずは、ちょっと心配なことから。 数年に一度のマシューの持病の症状が出ました。 痛風で、左足首が腫れています。 まだアンが小学生の頃に初めて病院に駆け込んだのだっけ。 車椅子を借りて押したのを覚えています。 2,3カ月は服薬を続けましたが、症状が滅多に出ないのをいいことに、通院もストップ。 最近では、アンの結婚式に出かけ…
コメント:0

続きを読むread more

世界の蘭展へ♪

高校の同級生から半年ぶりかな、連絡が入り、植物園の蘭を観に行きました。 もう50年以上の付き合いなので、少々間が空いても会うとすぐに打ち解けて気楽なおしゃべり。 彼女はまわりをやきもきさせた後遅い結婚をしましたが、穏やかな優しいご主人を早くに亡くし、今は二匹の保護猫と優雅なメリー・ウィドウ生活を楽しんでいます。 ちょっと斜に構えた…
コメント:0

続きを読むread more

世代間ギャップ #2

じつは先々週になりますが、親しい旧友のガラシャちゃんちが大変な騒動になりました。 涙ながらに電話してきたガラシャちゃん。 借金癖のある姑さんも近くの病院に大人しく収まっているし、孫も三人すくすく育ち、何度も離婚を考えたという夫ともこのところ和やかな関係で、近くの植物園の年間パスポートを買って 「お天気がいい夫の休日には、そろっ…
コメント:0

続きを読むread more

世代間ギャップ #1

ライン電話で長話をし、益体もないことをだらだらと一時間半・・・ アンとのおしゃべりは、カナダへ行ってからのほうが増えた気がする・・・ で、去年から続けていてとても体調がよくなったラジオ体操をすすめてみました。 が。 (たいてい並んでおしゃべりに参加している)Gieちゃんと、声をそろえて 「え~、それはいいわ・・・」(勘…
コメント:0

続きを読むread more

ブログ記念日=誕生日

2010年の誕生日にパソコンを開いたら 「今日はブログの日。ブログを始めてみませんか」 というご案内がありました。 他の方のを読むばかりだったのだけど、ふと心が動きました。 簡単なのかなぁ。 せっかくの誕生日を節目にして、ちょっと試してみようかな。 年上の女性だって、ブログされてるもの、もしかして出来るかも? ふとした…
コメント:0

続きを読むread more

国際郵便狂騒曲 #2

  段ボール箱を縮小して、必要な品をおさめ、ついでに軽い駄菓子までつっこんで。 ぴったりと蓋をして2㎏以内に仕上げた労作の「小型包装物」。 あとは、宛先や内容物の明細を送り状に書き込めば、アンのもとに~ と送り状をもらおうとしたら 「今年から、システムが変わりまして」 と…
コメント:0

続きを読むread more

国際郵便狂騒曲 #1

(前ブログの続きです。) コロナの影響か、大きな荷物の受け入れはストップしている海外便。 2㎏までの「小型包装物」便で、何とかアンに荷物を送れそう。 でも、Gieちゃんのママが編んでくれたセーターに単語辞書、ネイル用品と詰めていくと わずかに重量オーバー・・・ 以前から、アンには 「ママ…
コメント:0

続きを読むread more

春の兆し、明るい陽射し♪

新年のご挨拶もしないまま、気付けば節分もすぎ、立春を迎え、気の早い春一番も吹いたとか。 遅まきながら、今年もよろしくお願いいたします。 一月は行く、二月は逃げる、三月は去る、といわれるように、この分ではあっという間にホントの春を迎えそうです。 去年の暮れにお知らせしたように、相変わらずアンは遠く離れた国にいます。 そして、嬉…
コメント:0

続きを読むread more

一年の終わりに

すっかりご無沙汰いたしました。 ブログを始めてから、こんなに記事更新をしなかったのは初めてです。 世界的なパンデミックの影響で、アンの里帰りもなく、こちらが遊びに行く計画も流れ、特にお知らせするような事もなく過ぎてしまいました。 養子縁組について考えることは、これまでに散々喋り散らしてきましたし、子育て終わった普通のおばちゃん(い…
コメント:0

続きを読むread more

32回目の家族記念日♪

ブログを始めて以来、毎年この日には似たようなことばかり記事にしてしまいます。 でも、やはり今年も、そうなりそうです。 お暇な方はお付き合いくださいね。 今年は例年の記念日と違って、お天気が悪くてびっくりしました。 いつも晴れていて、あの日の空の色ほど濃くないなぁ、と見上げることが多いもので。 そう、児童相談所にアンを迎…
コメント:0

続きを読むread more

  「ANNE with an E」に夢中

今夜が第三話の、深夜のドラマ「アンという名の少女」 一話目を観て、遅い時間なのが辛いしどうやら「赤毛のアン」を相当逸脱し膨らましたお話らしいし、ま、いっか~と二話目はパスしていましたが、けっこう人気があるようですね。 で、うちのアンが 「ネットフリックスにママの好きな赤毛のアンもあるよ」と言ってたので探したら・・・ あり…
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ三昧のひきこもりの日々

大型台風にそなえて雨戸を閉め、ごはんを多めに炊いて買い物も済ませ、植木鉢を軒下に避難させ。 仕事にいくわけでもないから、特に台風で挫かれることもないのだけど。 最近読書を長時間続ける根気も薄れ、(主な原因は目の疲れ) いつもは手抜きのキッチンで珍しく小豆を煮て冷製ぜんざいを作ってみたり。 三度三度の食事の用意ったって…
コメント:0

続きを読むread more

幸先のいい秋のスタート

酷暑の8月も終わり、数日前からやっと真夜中過ぎにはエアコンを切って自然の風で過ごせるようになりました。 まだまだ日中は日差しが強いものの、9月といえば、気分的には秋。 その秋の第一日目、今朝はとってもやる気満々で目覚めました。 8月初めから苦しんでいたネット環境が、昨日完璧に整いまして、やっとアンから提案されたネットフリッ…
コメント:0

続きを読むread more

アンの誕生日♬

庭に、ふわりと優しいピンクの芙蓉が咲いています。 アンを迎えたとき、「よかったねぇ」と控えめに祝福してくださったお隣の石田さんの庭からいつからか種が飛んできて、うちの庭にも咲くようになった花。 パソコンを始めてから調べて知ったアンの誕生日花が芙蓉だったのが嬉しかったです。 お好きだった芙蓉やムクゲ、フジ、サンシュユ、花桃などの見事…
コメント:0

続きを読むread more

Twitterでいろいろ考えさせられること

家のパソコンは使えず、スマホからはなぜか記事更新が出来ず。 それに、養子縁組関係については、散々いろいろ記事にしたので、たまにパソコンサークルに来たときにちょこちょこ近況報告する程度ののんびりまったり状態ですが。 その合間にのぞいているTwitterに、最近はずいぶん養子さんが投稿されてます。 もちろん、養子さんといっても…
コメント:0

続きを読むread more

今年もあと半分

1年の半分を締めくくる6月30日の夏越の祓が、今年は梅雨とも思えぬ大雨になりました。 通称輪抜け様のお祭りでは、中高生時代のアンに振り回されたっけ、とそんな思い出ばかり。 (興味のある方は、2010年6月16日~数回詳しく記事にしています。さかのぼって検索し、反抗期のアンを笑ってやってくださいまし) この日、57年ぶり…
コメント:0

続きを読むread more

こどもは親になんでも話すわけではない #3

小さな頃はいざしらず、ある程度大きくなってくると、子供は親に心配をかけることは話したくない、と思うようになるのでしょう。 明るくおしゃべりな子だと思っていたら、いじめに悩んで命を断ってしまった、親はまったく気が付かなかった、というケースもあるらしい。 どんなにか、親は気付かなかったことを悔やむだろうと思うと、辛すぎます。 同時…
コメント:0

続きを読むread more

こどもは親になんでも話すわけではない#2

平成12年の小6の教科書にのっていた「ヒロシマのうた」は 原爆投下後の広島で瀕死のお母さんから赤ちゃんを預かった水兵さんが、リヤカーを引いて逃げる若い夫婦にその子を託すお話です。 同じ女の子の赤ん坊を目の前で亡くしたばかりの夫婦は、そのまま赤ちゃんを育て上げたのです。 七年後、身内を探すラジオの尋ね人の放送を聴いて、再会。夫を亡く…
コメント:0

続きを読むread more

こどもは親になんでも話すわけではない#1

中古住宅に引っ越して3年目にアンの母親になり その6年後に阪神淡路大震災があり 妹が3世帯同居の家を建てたことにも触発され 今の家に建直して25年。 住宅メーカーさんが点検に来てくださって、十年ほど前の手入れも限界だし この秋には屋根や壁の補修工事をすることになりました。 「一応屋根裏も点検します」 「え? 入…
コメント:0

続きを読むread more

5月のお墓参り

待ってる母がいない田舎の家は、弟名義になったこともあり、ほとんど帰らなくなりました。 近くに移した先祖も含めたお墓も、両親存命中から折々の掃除や供花をシルバー人材センターに頼んでいたのを引き継いでお願いしているので、週一回通院に合わせて母の顔を見に通っていたことが嘘のように遠い地になってしまいました。 でも、命日でもなくお彼岸で…
コメント:0

続きを読むread more

パソコンサークル再々開♪

ご無沙汰いたしました。 うちのパソコンはなぜかブログに繋がらなくなり、マシューが独り占めしてYou Tubeを楽しんでるので、パソコンサークルでしか記事のアップをしない習慣がすっかり身につきました。 なので、パソコンサークルが開かれて、早速「生存確認記事」を書きに来ました。 入り口には消毒液、マスク着用の要請文。 一歩入ると…
コメント:0

続きを読むread more

パソコンサークル再び閉鎖へ

あれこれ気忙しくも楽しい日を過ごしたのも、もう一ヶ月前・・・ ぼんやりと暮らしているうちに、有意義な催しの多い養子の日もすぎ 山の桜もぼんやりと色が薄れ、代わって若葉が目立つ春真っ盛り。 なのに、世界を覆ったコロナの影響は、一向に薄れる気配はありませんね。 再開したパソコンサークルも、再び(都市の緊急事態宣言の影響か)閉…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省の御報告 #2

楽しみに待っていた、アンの帰省中は・・・ とにかく夫婦二人での暮らしはひっくり返された日々でした。 朝ごはんも、いつもの時間に普通に食べ終わる頃、ドタドタドタと足音も高く降りてくるアン。 夫婦のメニューでは物足りなく、ウインナーを茹でたり目玉焼きを焼いたり苺も添えたりでにぎやか。 お風呂をためてもグズグズとスマホ片手につ…
コメント:0

続きを読むread more

アンの帰省のご報告 #1

あっという間に4月。 世界中を覆うコロナの恐怖に、新生活に浮き立つはずの3月を盗まれた気分です。 年金生活で収入源も心配なく、ただじっと潜んでいたらいい私達と違い、若い人や働き盛りの年代の人達は大変な新年度になりましたね。 マスク? 無いなら手作りで。 行楽は、人での少ない場所でお茶を濁して。(田舎ならではです) そ…
コメント:0

続きを読むread more